【感激の花屋養成講座】〜花屋開業・経営・運営に お客が喜ぶから売れる「良い花屋」の作り方講座

お客が喜ぶから売れる!「感激の花屋」の仕組み作り講座

そんな花屋さんを作りたい! でも・・・

「いったい何をどうしたらいいのか分からない!」
そんなあなたへ。

現在、リニューアルのため受付停止中です。

そんな、何も分からないままにお店を開くと
こんな悩みを抱えた花屋さんになってしまう可能性大!!
↓ ↓ ↓

この講座は、「そんな花屋にはなりたくない!」
「そんな状態からは もう 脱却したい!!」 あなたのために
「実際の花屋の店頭で11年試行錯誤」「16年の業務指導」
を経て作られた、 1〜3人でお店を切り盛りする
【花屋運営のための「考え方&ツール」マスターパック】です!

-----------------------------------------------
このパッケージは、できる限り 手に取って頂きやすくするために
「ご自分でダウンロード・印刷をしてもらい」 「個別のアドバイスは行わない」仕様の
【パソコン専用ダウンロード教材】となっています。 郵送では届きませんのでご注意ください!
     *店頭でお使い頂くには「パソコンとプリンターが必要」です。
-----------------------------------------------

お教室でフラワーデザインを習って、お店を開いた!
花屋さんでアルバイトして、お店を開いた!  でも、そのあとが・・・

あなただけではありません。
じつは、そんなお花屋さんがとっても多いのです。

無理もありません。だって、あなたが困っているように、
既にお店を開いた花屋さんも「お店の回し方」が分からないからです。

花屋の実際の仕事の回し方は、誰も教えてくれない・・・

それが、「ふつう」なんです。

「そんな! ひどい!!」と思うかもしれません。

わかります、私もあなたと同じ経験をしてきたのですから・・・


本多るみです

こんにちは、「本多るみ」です。

私は、アルバイトから花屋の仕事をはじめ、雇われ店長として、
花屋の店頭で11年間、働いてきました。
 
「高齢者御用聞き+商店相手」「スーパーテナント」「住宅街」と、
異なるタイプの3店舗の運営を経験。 運営計画から実際の店舗運営、
売上管理まで、現場の総合マネジメントを6年、
スタッフ採用〜現場でのスタッフ指導・育成を10年やっていました。
結婚式場とのブライダル提携・仕入・活け込みなど諸々も、もちろん担当。「POP技能」の講座も受けました。

一方、2006年から、「お客さん」である一般の方向けに、
世間に全く情報のなかった「花の買い方や選び方・育て方」などをアドバイス。
 
花屋を出産退職時に独立し、一般への情報提供を行うとともに、 大手ネットショップさんほか、
全国の花屋さんや開業希望者さんへのコンサルティング・アドバイス業務を6年間行っています。

======== 実績・メディア掲載 =======
●読売テクノフォーラム出演 ●ananでコメント ●朝日新聞にコメント ●教育委員会ほか各種講演

 

著作『花贈りの便利帖』 ●理系なお姉さんは苦手ですか?掲載 ●花事典〜春夏編〜豆知識担当・監修

花贈りのマナー花の買い方贈り方  理系なお姉さんは苦手ですか? −理系な女性10人の理系人生カタログ−   

ほか、
●ムック本掲載 ●はなまるマーケット電話取材 ●Yahoo!ニュース掲載 ●YouTubeおすすめ選抜
●All Aboutスーパーお勧めサイト大賞ノミネート ●女子まぐのおすすめに選抜 など

私は今でこそ、「花屋さんにアドバイスする」という仕事をしていますが
最初の最初は、学生アルバイトから。
しかも、フラワーアレンジなんて、興味もなければやったことなんて皆無でした!

私は「生きもの」「地球」大好き、野山で遊んだ子どもです。
しかるべくして理科「化学・生物」大好きに育ち農業大学へ。
私にとって花は「生きもの」で、「花」や「フラワーデザイン」に対して特別な思い入れがありませんでした。

まさに「雑草系」のスタートです。

わたしは、ただなんとなく「花屋さんも良いな」と思って
大学卒業間際に、花屋さんでアルバイトをはじめたのがきっかけだったのです。
 

でも、なんと、入店たった1週間で
仕入れ以外のお店の仕事をすべて任されてしまいました!!

もちろん、先輩スタッフもいましたが
仕入れに行ってたり、配達に行ってたり 交替なので、基本的にお店には常時ひとりきり・・・・

ハッキリ言って
突然砂漠の真ん中に置き去りにされたような気分でした。(((゜д゜;)))

一体、一日いくら売上げたら、
一日いくらの粗利が出れば お店を存続できるのか、その数字もまったく知りません。
だって家賃がいくらなのかも知らないし!!!(滝汗(((゜д゜;))))

でも、売上が足りなければ当然上から叩かれるのです。
(自分の経営店と違ってどんどん借金地獄にならないだけマシですが)

そんな、突然、
「身分はただのアルバイトなのに その実態は店舗マネージャー」になってしまった私

やがて、市場でセリや集荷をしたり、式場提携してブライダルの仕事をしたり
そしてようやくホンモノのマネージャー職や店長職になり
傾きかけたお店へ新店長として派遣されたりして
長男が生まれるまでの11年間、「花屋運営」を行ってきました。
 

派遣店長時代は、また別の課題が!それは・・・もちろん

派遣された店を立て直さなくてはならない! こと。

50代のパートさんや、10代の学生バイトさんにも
「わかる」「できる」指導をしなくてはなりません。
なおかつ、「ズタボロ状態のお店を いいお店に 改革!」
しなくてはなりません!!

ここから、わたしの
喜ばれて売れる花屋さんの「しくみ」の作りかた
おばちゃんも学生さんも「できる」商品作成・店頭管理法
毎日お店で起きるさまざままトラブルの解決法が 編み出されて行きました。

そして 長男が生まれるのを機に、現場を退きました・・・

 
が、わたしの「花屋改革」は まだまだ終わりません。
現場を退いたのち、
お店に立っていた頃、常々、毎日のようにお客さんに尋ねられていた
さまざまな「質問」に応えるウェブサイトを作りました。

当時、そのような「基礎の基礎」を、
ふつうの人に分かりやすく伝えてくれる本やTVや雑誌、ウェブサイトなどが
何もなかったからです。

お花の世界は、めっちゃ閉鎖的!!

「わたしが伝えたい! 伝えなくては!!」という想いで、こんなウェブサイト群を立ち上げました。

≪本多るみの運営サイト≫========================

Blumeleben〜花*生活お花屋さんのなり方/働き方How To 結婚式 3分フラワーアレンジ Blumeleben〜花*生活

花屋さんの仕事の基礎は、「花*生活」の「花屋になる」コーナー
実際の業務については『お花屋さんのなり方/働き方』というブログで書いています^^

  「花屋さんの仕事の実態って? どんなふうになっているの?」
  「花の仕入れってどうなっているのか」
  「値段はどうつけるのか」といった、花業界に関する一般的なギモンには無料でお答えしています!

ブログへ質問をコメントしてくだされば、あなたの質問にも無料で公開記事コメントします^^

========================

さて、こうして、いろんなテーマごとの「お客さんのための」無料ホームページやブログを立ち上げたわたしは
意外な事実を知ることになります。

サイト・ブログ運営者の私のもとには、お客さんからのお礼のメールのほかに
『花屋さんでこんなイヤな目にあった、わたしが悪いのでしょうか、納得いかない』
という悲しみのメールや
 
逆に、花屋さん側から
『そういういい花屋さんになるためには、一体どうしたらいいんでしょうか??』
というご依頼もたくさん届いたのです!!

そう、わたしが 働き始めた当初に感じていた
「砂漠の真ん中に置き去りにされたような不安感」を
多くの花屋さんが持っていたのです。
 
そして、その「分からないままやっている」花屋さんに、
多くの人が不満を持っていたのです!

このままじゃいけない。 どんどんお客さんが花屋から去ってしまう!

確かに、花屋の「開業のしかた」なんて本はある。

でも、「店を開いてから」
どんなことをどんなふうにすればお客さんが喜んでくれて
喜んでくれるからこそリピートしてくれて
「商売」として成り立つ花屋さんになれるのか。
 
その「標準の花屋の作り方」のノウハウ・やり方は、
私の知る限りどこにも公開されていませんでした。

通常、花屋さんは、それぞれ、自分で、独自に
「どうお店を回したらいいのか」試行錯誤で、何年も、何十年も費やして確立します。
その間につぶれてしまうお店が多いのはもちろんのこと
お店が軌道に乗ればもちろん、それを教えてくれる、ということはふつう、ありません。

もちろん、世にはいろんなサービスがありますので、開業塾やコンサルティングなどもあるでしょう。

通常、開業コンサルティングは100〜250万円、開業講座は50〜80万円くらいかかります。
開業後に個別コンサルティングを受けるなら、「1回」5万円程度というのが相場でしょう。

フラワービジネスの専門学校もありますが、こちらも年間80万円くらいかかりますし(×2年)
専門学校卒業生に聞く限り、必要な「現場の実践」内容は習っていないようです・・・

開業後には学校に通う時間もないでしょうし
50万・100万というのはいきなり出すには大金です。

なら、わたしに相談して来てくれた人のために、できることは何だろう??

わたしは、「店舗開業者」ではありません。
だから、「自分で開業してないじゃない」と言われれば、それまでです。

でも、11年間、その『砂漠の真ん中』からお店を軌道に乗せ、運営してきました。
どの程度?と言われたら、ふつうレベルですが お店は運営して行けます。
おおよそ、3店舗の平均、スタッフ1人当たり年商1300万円くらい。
いいお店では1人あたりの年商1850万円です。
そしてその運営法を、後輩たちに指導してきました。

その、『花屋さんの運営のしかた』なら、あなたに教えてあげることができます!

私は現在、育児中です。 2人めも生まれたばかりです。
母親であることを捨てたくないので
全国飛びまわってコンサルに行くことはできません。

わたしは神奈川在住なので、東京・神奈川県内にしかお伺いしていませんし
その出張も、今年は お産をしたので 乳児育児のためお休みしています。(ご来場相談は可)
もしあなたが、遠方に住んでいて、実際にお店に来てもらってのアドバイスを望むなら、
全国どこにでも来てくれるコンサルタントさんに、どうぞお願いしてください。

でも、わたしにも、いま現在でも
「家で」「自分で」「基本をしっかりと」学ぶテキストの提供と、
メールや、スカイプ(電話)、掲示板を介してのご相談なら、できます。
そこで、この講座をつくりました。

わたしが「感激の花屋」を増やしたい理由。それは、
お客さんが喜べば、スタッフも嬉しく
自然とヤル気も売上も上がり「みんなが嬉しい!」から。

それでは、いよいよ 本筋です。
そんな「お客さんが感激する、評判の良い花屋さん」になるために
必要なことは何だと思いますか?

それは実は・・・この3つ。

「??そりゃあ、お客さんには喜んでほしいし、いいお店にしたい。
 スタッフもみんな楽しく働けて
 それでお客さんが増えて売り上げが上がるのが一番だよね。
 でも、それと「心がけ」とか「伝える」とか、関係あるの??

これが、大アリなんです!

じつは、先の「お悩み」はすべて
この「心がけ」と「伝えること」で、解決するんです!!

「商売としてまっとうに喜ばれる花屋さん」とは・・・?

わたしも例にもれず、『砂漠のど真ん中』からのスタートでした。

その中で、わたしが、
どのようにお店を運営しながら「試行錯誤」していったのかを
お話したいと思います。

お店の仕事は、わたしにとっては接客業そのものでした。
ただ、”売っている商品が花である”、というだけ。

お店では日々、いろんな事が起こります。
いちばんはじめの『お悩み例』は、まさに、わたし自身の悩みでした。

「売れない」「お客が来ない」というのはもちろん
「広告の反応がない」とか「クレームが多い」とか
「スタッフを募集しても来ない」「すぐ辞める」なんて事もありました。
たぶん、普通の花屋さんは、みな同じような悩みを持っている事と思います。

ここで、もしかしたら、私は
「ちょっと変」な花業界への入り方で
「ちょっと変」な「地球環境を分析したい研究者」だったからこそ
業界的には「ちょっと変わった」ことをしたのかもしれません。

自分で悩みの原因を追究して、原因を突き止め、
その原因をなくしたり、改善したりする事で
「根本的な理由を潰し」、お店を改善して行きました。

「理系人間」「研究人間」な私にとっては
この過程は「あたりまえ」の作業でした。
が、そんなわたしは、「花屋」の人間としては、かなり「異質系」です。

今にして思えば、
フラワーアレンジの「ア」の字も知らない、
フラワーデザインに関しては全くの無知「だったからこそ」

理系・研究職を目指していた人間「だったからこそ」

「だから見えた」
「だから分かった」 と思うことがたくさんあります。

とはいえ、私は、最初のお店の店長をしていた時は
それほどこの「システム作り」について突き詰めて考えたことがありませんでした。
割と、もともと整っていた店だったのです。(先輩のおかげですね、感謝)
しかし。
雇われ店長として次の店に赴任した時

「どの店もこのような 原因究明探索→改善を ”しているわけではない”」

という現実を目の当たりにしました。

前年70%割れでどんどん落ちて行く売り上げ。
まさに、先のような

という状況だったのです。

私はそのお店をなんとか良いお店にしたくて
その時はじめて、「悪い事が起きる原因」「今までしてきたこと」を徹底的に分析し、
スタッフ全員に理解できるように体系立ててまとめる、ということをしました。

新しく赴任したお店のスタッフさんは、
たくさんの【カンチガイ】をしていたのです!
その【カンチガイ】の内容とは??

売れない原因1: 「お店とは、何なのか」を考えていない

「花屋は”お店”である」という、
”当たり前と言えば当たり前すぎること”をまず「理解」する。

「花屋」は、他の「小売店」とちょっと違って
「花が好き」→「花屋になろう」という場合が多いせいか
ちょっと「小売店の一般常識」と「かけ離れた常識」が存在しています。

花屋仲間では、「当たり前」。
でも、世間から見たら「おかしい」。
そんな事がたくさん、たくさんあります。

だから、先のような

「花屋でこんな思いをしました、これは普通なんでしょうか」
「花屋でこう言われました、私がいけないのでしょうか」
「花をもらったけど、こんな悲しい思いをしました。誰にも言えないので聞いてください」

というような相談が来るわけですね。

この問題点の怖いところは、花屋側がなかなか気付かないところです。
花屋仲間では「常識」なので、花屋同士で話しても気づかなかったり
「全く悪気がなく」やってしまっていることが多いんです。
でも、お客さんにとってみれば「えええっ!??」と思ってしまうことの数々・・・

解決方法: 「店とは・商売とは何か」まで、一度原点に立ち帰る

「小売店」として事業を行うからには、最低限必要な「小売業の根本」があります。
まず必要な「店としてのマナー」や「心がけ」があります。

花の技術やデザインの勉強も確かに大切ではありますが、
それだけでは「お客さんが感激するいい花屋」にはなれません。

なぜなら、花屋は「店」だからです。
え?答えになってない?
でも、これが全ての「答え」です。

「店」って、「何」でしょうか?
「商売」って「何」でしょうか??
あなたの使命は、何なんでしょうか??

『店が存在することの意義』。
ここに立ち返れば、あなたがすべきことが見えてくるはずです。

そして、「原点に立ち返る」ためには、
「今まで当たり前にやっていたこと」「当たり前に考えていたこと」を、
一度リセットする必要があります。
「今までのあなたの常識」を、捨てましょう。

売れない原因2: 「店の運営に最も重要なこと」が分かっていない

「売れる店」が「なぜ、売れるのか」、その根本を理解しないで
表面的な事だけをとにかくマネしようとしてしまう。

「あの店は売れているらしい」

そう聞くと、視察に行きますね。
私の店にもいっぱい来ました。

もちろん、「売れる店」の視察は大切です。
しかし、「見るポイント」を押さえてから見ないと
「ただ眺める」だけで終わってしまいます。

そうして、「この花を仕入れていた」「この資材を使っていた」
そういう”表面的な部分だけ”をマネしてしまいます。

これであなたもお店も売れるようになるのでしょうか?

・・・売れませんね、ハイ。 これ、「あたりまえ」なんです。

解決方法 : 売れる店の「型」を真似る

これは、さっきの 「店とは何か」の”続き”にあたります。
「店とは何か」が分かれば、「店に一番重要なことは何なのか」自動的に答えが出てきます。

「マネ」は、とっても大事です!
ただ、マネにも「やり方」があるんです。
その表面に表れている事象の根っこにある「型」をマネるのがポイントです。

古い言葉に『守・破・離』というものがあります。

『守』 まず「型」を学び、その通りにやること。
『破』 「型」をわざと壊して、自分に合うやり方見つけていくこと。
『離』 完全に「型」を離れ、独自の世界を作り上げること。

世阿弥の言葉と言われ、伝統芸能や武道の世界で良く使われますが
何を学ぶにも同じことが言えます。

最も大切なのは基礎の基礎です。

「とにかく売れるテクニックを教えて」
「とにかくこれをすれば売れる、というマネすればいい例を教えて」
「売れるPOPの文句を教えて」・・・

わたしは、「花への愛とお客さんへの愛が両方ある、みんなが嬉しい花屋」を勧めています。
お客さんには、そういう「いい花屋」の選び方を無料公開しています。
にもかかわらず、このような事を言って来る花屋さんがいます。

ハッキリ申し上げます。

このような事を言ってしまう「考え方」では、
「お客さんが感激して何度もやってくる花屋」を作ることはできません。

基礎の基礎を1から学ぶ。

これが一番の近道です。

あなたは、「売れる店」が「なぜ売れるのか」、その理由が分かりますか?
お客さんが「この店がいい」と選ぶ理由は何でしょうか?
そのために売れる店が心がけている「基礎の基礎」を真似しましょう。

「売れる店がやっている事”の根っこの思想”」

ここさえ分かれば、あなたはそれを真似すればいいのです。

売れない原因3: 「伝える」必要がないと思っている

「売れない」「客が来ない」

そういうお店を拝見しますと・・・
・・・そりゃ、来ないよ。
という「見た目」になっています。

しかし、当のお店は気づいていません。

「ちゃんとそれなりの花も仕入れている。」「デザインも自信がある」なのに何で?

と悩む・・・よくありますね。

解決方法: とにかく「伝える」努力をする

これも、見かたを変えればカンタンなんです!

「何でお客さんに伝わっていないか?」

そりゃ、「伝えてない」からです!! どーーん!

「伝える」って、何だと思います?
どういう事だと思います??

「花の質もデザインも、サービスだって自信がある」

そういう、「中身は良いはず」なのに「売れない」というお店の場合は
問題点は「ここだけ」だったりします。

家族だって、伝え合わなければ理解し合えないものです。
全くの他人のお客さんに「理解してもらう」ためにはそれなりの努力が必要です。

モニター受講生さんからも、
「伝えるようにしたら思うモノが売れて客質も良くなった」 という声が来ています。

売れない原因4: 安売りする(”価値”の意味を理解していない)

売れない→じゃあ値下げしよう→まだ売れない→じゃあもっと安く!

あっちの店で1000円だった→じゃあ800円にしなきゃ!

「お客さんは安い方を買うに違いない」そう思ってどんどん値下げしてしまう。
しかし売れない・・・・・・

「なぜ、こんなに安いのに、売れないの??」

このパターン。ほんっとうに、多いですね。

でも、これをやったら、あなたの店はどんどん売れなくなります。

解決方法: 安売りしない

「ええっっ!? そんなバカな!」

そう思ったら、あなたも「安売りの罠」にはまっています。

「とにかく安くすれば良いに違いない」

そう思ってしまうと悪循環にはまります。

「感激の花屋」になりたいなら、あなたは、安売りをしてはいけません。

実はこれも、またまたさっきの続きなんです。
「店とは何か?」→「店が最重視すべきポイントは?」→
これを考えればおのずと出てくる、

「値段・価値とは何か?」という問いの答えになります。
(お店の形態によって、「価格帯の安い店」はOKです)

受講生さんから、実際に
”「安い!」という文句をやめたら売上も客質も良くなった”、という声が来ています。


…と、まだまだありますが、大筋で、
このように、「売れない店」にはたくさんの「カンチガイポイント」があります。
そして、その「勘違い」に”気付いていない”んです。

=「勘違い」を直せば、良くなります!!

この「勘違い」の特徴は、最初の最初、
「店とは何か」「商売とは何か」がずれているために起きている場合がほとんどだということ。

だから、「店とは何か」「商売とは何か」がしっかりと理解できている、という場合は、
この講座は不要です。

でも、お客さんが来ないとか
クレームが多いとか
お店の空気が険悪だとか、あなたが何か困っているなら
それはほぼ、この「店とは何か」「商売とは何か」を
しっかりと掴めていないために起きています。

つまり、

「感激の花屋」になるためには、
「店とは何か」「商売とは何か」から
「考え方」を見つめなおし、身につければ良いのです。

この講座で教えるのは、ダメダメ状態だったお店に赴任した私が実際に、
お客さんも、スタッフも「感激」してくれるような店に「改革」していったときの
システム構築の「考え方」と、
「その考えを店の商品やサービスに具現化して行く”手法”」です。

まず”原因”を解明し、理解します。
そしてその”原因”を潰します。

このやり方で解決しないものってありますか?


この講座で学ぶと、このような事が分かります。

◆あなたが今、「売れない」と悩んでいても
 必ず快方に向かう目からウロコの「考え方」とは?

さきほどの話の「店とは何か」「商売とは何か」という部分にあたります。
この「考え方」を身につければ必ず売れるようになってきます。
売れないはずがないからです。
この「考え方」さえ身につけば、あなたのお店がどんな立地でも、
どんな顧客層でも関係ありません。

(もちろん、「店」ですから、人が全くいないところは無理がありますが)
花屋とは全く関係ない別の商売もできます。
花屋という自分の店に、これまでにない「特徴」を作ることができます。
そうなったらワクワクしますよね
あなたは、自分の仕事が非常に楽しくなってくるでしょう。

◆売れる花屋が必ずやっている事とは「何なのか」?

売れる店なら必ずやっていること。
優雅に見える白鳥が水面下で必死に水を掻いているように、
「見えない部分の努力」がちゃんとあります。
もちろん、「見る気」になって売れる店を「見れば分かります」。
水の中に顔突っ込んでみれば水掻いてるの見えますよね?
しかし当のお店側はどれだけのことをやっているかは
当たり前ですが絶対言いません!

人気の店が「いったい何を」やっているのか?
あなたに「水掻き部分」をお見せします。
「何、教えてんの!」 という声も来るでしょう。
でもいいんです。
なぜなら、私は、そういう「感激の花屋」に増えてほしいからです。単純に。

◆あなたはもう、安売りをする必要はありません。ではどう売るのか?

安売りしてはいけない。 と、さっき言いましたが、
「じゃあ一体、どうやって売るの??」
ものすごく簡単な事です。
聞いたら拍子抜けするかもしれません。
でも、だって、「あなただって、そうですよね?」

◆フラフラと、吸い寄せられるように入って来たくなる店にするには?

お客さんがパッと見て、吸い寄せられるようにフラフラとやってきてしまう「店頭」って
一体どうやって作ればいいのか?
なぜうちの店には人が寄ってこないのか??
大抵の場合は、「見た目が悪いから」 かまたは 「店の存在に気づいていないだけ」です。
簡単ですね。「見た目良く」「店に気がつくように」すればいいだけです。
人が全く通らないなら話は別ですけど。

*(ただし、「隠れ家系」など、あえて入ってきてほしくない場合は逆に作ります、店次第です)

◆一度来たらやめられない! 高確率でリピーターにするには?

一度来た客は逃がさない。これが理想ですよね。
もちろん、中には「合わなかったり」、物理的に「不可能」だったりと
リピートしないお客さんもいます。
が、できるだけ多くのお客さんに「何度でも買ってもらう」
これが花屋が売上を継続するためには必ず必要な事です。
=お客さんが来なくて困っている=お客さんが再来店していないって事。
=それはつまり、「120%満足!感激!!してない」からだよね? だったら?

◆「ちょっと見てるだけ」の一見さんもリピーターに変身させるには?

一度買ったらもちろんのこと、
「見に来ただけ」の一見さんも次からあなたのお店に通ってしまう。
そんな事は可能なのか? もちろん、可能です。
そんなに難解な事ではありません。
だってあなたなら・・・どうですか?
「フツーの花屋」がしていないことを「ちょこっと」やるだけ。
「お客が花を買うときだけ 」いい顔してもダメなんです。←あ、これ、大ヒント。

◆もう迷わない! あなたは具体的に何をして行くべきなのか?

花屋が、店として「何を」すべきなのか
あなたは今、その道筋や具体的な手順を言う事ができますか?
具体的に何を考え、何をして行くべきか明確な道筋が見えない。
「だから」困ってるんですよね?

これまで、あなたはその「手順」が分からなかったから
ぐるぐる悩み続けてしまっているのではないですか?
この講座を受講することで、
あなたは「行くべき道」がハッキリと見えるようになるでしょう。
そうなればもう、あとはその道を進むだけ、実行するだけです!

「どうすればいいのかすらサッパリ分からない」 そんな状態にあるよりは、
「行く道が見えている」事「道に火が灯っている」事はどんなに心強いでしょう!
この講座は、あなたの道標になるでしょう。

もちろん、その他にも・・・

◆「クレームのない店」になるには?

「クレームばかりで鬱・・・」
もしあなたの店が今、そのような状況なら、それには大きく2つの原因があります。
1つは、あなたの店に合わない客を呼んでいる事。 そしてもう1つは・・・
この講座を受講し、1つ1つの原因を潰していくことで、
あなたの店には、ほとんどクレームが来なくなります。

たま〜に何か、「事故」が起きてしまった時や
本当に、あなたやスタッフが何かミスをしてしまった時「だけ」になります。
逆に、お店にお礼を言いに来てくれる人が増えることでしょう。
そうなったらどんなに仕事が楽しくなるでしょう?

◆POP1つであなたの店の「ファン」になってもらうには?

「POP」を「値札」だと思っている限り、
あなたの店が「ファン」を獲得するのは厳しいものがあります。
「ファンになる」って・・・どういう状態ですか?
「あなたの事が好き!」そう言ってもらえるって言う事ですよね?
店の表に、「数字しか書いていない」あなたの事を「好きです!」と言ってくれる人は
果たして、いるのでしょうか??
途方もない低確率の「賭け」になってしまいます。
もちろん、意図的に「ファン」を作ることは可能です。
あなたは、「好きです」と言ってもらうためにどんなラブレターを書きますか?

私は35,000円のPOP講座を受けましたが、こんな事は教えてくれませんでした。
「POPの書き方」を習っても、教えてくれないのです。
そんな「POPの書き方」、私が実践から会得したコツをあなたにお教えします!

◆経費をかけずに「フラッと商品を手にしたくなる」店にするには?

花屋さんがおろそかにしている事の1つに「陳列」があります。
どうも、 「陳列なんて、ただ並べとけばいい」 そう思っているようです。
もしかして、あなたもそうですか??
「陳列」って・・・「何」だと思います?
断言します。
「売れる店」は、どんな店でも、この「陳列」に命をかけてます。

その理由とは・・・?
あ、もちろん、お金をかけなくても、できます。

◆スタッフが自分から何でもやってくれるようになるには?

「スタッフが何もできなくて困る・・・」
そう言うお店は多いようです。
実際私も、「レジ打ち以外何もできないスタッフ」しかしない
という状況に呆然とした
ことがあります。
でも、そんなスタッフも、きちんと導けば「何でもできるスタッフ」に変身!します。
あなたは安心してお店の全業務をスタッフに任せて、
お店の”外”に出る仕事をすることができるようになります。

はい! この講座では、まるまる1章割いて、
「スタッフ育成」の極意をあなたにお話します!
なぜなら、「いいお店」を作るには「いいスタッフ」が必須だからです。
スタッフなくしてお店は成り立ちません。
でも、スタッフの育て方なんて、誰も教えてくれない・・・ですよね?
そんなあなたのために、「お店の運営に必要な事はすべて盛り込んだ」のがこの講座です。

◆インターネットに乗り込むべき? 今すぐサイトを作るべき??

「これからはネットだ! よし、今すぐホームページを作るぞ!」
そんな風に思っていたらアブナイです。

ホームページ製作会社に依頼するとうン十万円かかります。
もちろん、「いい制作会社」もありますが、何も考えず発注すると「失敗」します。
お客さんが誰も来ないホームページに多額のお金を無駄遣いする羽目になってしまいます。
この点、自分でソフトを買って作れば、ごく少額で済みますが
やはり「正しい知識」なく作ってもダ〜〜レも来ません。
この講座では、今すぐネット界に乗り込むことはお勧めしていません。
まずあなたの現実のお店を作ることに力を入れましょう。
ですが、将来的にやはり「ネット」は視野に入れたいもの。
そこで、インターネットでこうして仕事をしている私が、
ネットの世界の真実と極意をお話します。

さらに・・・まだまだあります!

◆思わず手が出てしまう「商品」は”どう”作るのか?

◆仕入れた花を売り切るにはどうすれば良いのか?

◆売れない時期にもっと売るにはどうすれば良いのか?

◆売れる時にもっと売るにはどうすれば良いのか?

◆もともと「使える」スタッフを雇うにはどうすれば良いのか?

これらの内容を理解し、実行したとき、あなたは・・・

あなたも、こんな花屋さんにすることができます!


この講座を受講した花屋さんからこのような声を頂いています。

これは花屋のバイブルです

■神奈川県 ・スタッフ(独立開業希望) ・40代

時間、という対価を払わなければ得られない貴重な財産(経験)を、
お金で、(しかもこんなに安く!)得ることが出来たのは幸運でした。
解らない事だけでなく、
なんとなく『解っているつもりの事』が理論的に整理整頓でき、
実行可能な状態に近づきました。
花屋を生業としたい人、ライバルになりうる人には、
正直、教えたくないほど自分には価値ある講座でした。

目から鱗がボロボロ落ちました

■東京都 ・経営者兼店長 ・40代

新しく入ってくれた スタッフに内容を絞って回覧しています。
普通のマニュアルではなく「考え方・ものの見方」を含めて丁寧に伝えてくれているので
とても実になっている
と思います。
物日を含めたフェアーの進め方がとても参考になりました。

花屋の教科書といってもいい

■静岡県 ・経営者兼店長 ・20代

花屋さんの本はたくさんあって買って勉強になるけど、
細かいところや実際本を 書いている方は「経営者側の考え」であって
数字しかみていないところが多いが、
この講座は経営者側、実際現場に立っている方でないとわからないことがたくさんあるので、そういうのを例などだして細かく書いて説明してあるのですごくわかりやすく勉強になりました。

受講生の声

→ほか、受講生さんの声をたっぷり見る!


* 感激の花屋養成講座<フルパッケージ版>詳細

それでは、この講座がどんな教材なのか、具体的な内容を説明しましょう。

『感激の花屋養成講座<フルパッケージ版>』は
 2012年〜の改定版である『お花屋さんの教科書』と同じものです。
 こちらが全テキスト入りの旧版(改定前バージョン含む)となります。
 このフルパッケージ版の受講生には順次、改定版ができ次第、入れ替え・追加提供します

花屋改革講座

-----------------------------------------------
このパッケージは、できる限り 手に取って頂きやすくするために
「ご自分でダウンロード・印刷をしてもらい」 「個別のアドバイスは行わない」仕様の
【パソコン専用ダウンロード教材】となっています。
-----------------------------------------------

 ◆お使い頂くには「パソコンとプリンターが必要」です。
  郵送では届きませんのでご注意ください!

ご自身で「受講生専用サイト」にアクセスし、ビデオ講義を見たり
「PDFファイルのテキスト」・「エクセルファイルのツール」といった
データをダウンロードして、
印刷・入力を行って使って頂く仕様となっています。
パソコン&プリンターをお持ちでない方は 使うことができません。

*「PDF(ピーディーエフ)」とは?
インターネット経由で、お持ちの文書ソフト等の環境にとらわれず書類のやり取りができるファイルです。
このファイルは、「見るためのソフト」(Adobe Reader)
をダウンロード(無料・パソコン購入時にすでにインストールされている場合が多いです)さえすれば、
クリックして「開く」だけで見ることができます。

*「Excel(エクセル)」とは?
表計算ソフトとして有名ですが、表計算の他にもいろいろ便利に使えます。
基本的に、Windowsのパソコンを買えばついていますので、あなたのパソコンにも入っています。

今から詳しくご説明しますが、教材一式として
「花屋の業務内容全てに関する ”原因究明→解決方法” のテキスト30編」
「日常業務に必要な記入・計算エクセルファイル12種」
「あなたの店の名入れ・コメント入れが自由にできるPOPデータ37種」
補足テキスト・ビデオセミナー各種 などなど・・・をお渡しします。

このデータ類は、どんどん「改定・リニューアル」を行います。
「本」や「CD」にするとかさばるのは勿論、教材代金も桁1つ上がらざるを得ませんし、
「改定」が頻繁にできません。

そのため、「電子データダウンロード形式」の講座になっています。

さらに、サポート体制として『受講生専用掲示板』を設けています。

このフルパッケージをお申し込みの方は、無料で、無期限で、お使い頂けます。
このパッケージは、できる限り 手に取って頂きやすくするために
「ご自分でダウンロード・印刷をしてもらい」 「個別のアドバイスは行わない」
仕様になっていますが
質問と回答を「共有」できる 掲示板上でなら、どんな質問でも、することができます!
また、受講生同士も、コメントし合うことができます。

直接の個別メール・スカイプ(電話)・課題や写真、チラシなどの郵送やりとり・個別面談は 別途、個人相談をお申し込みください。

*また、受講生サイトも、無期限です。
 以降のアップグレードも追加料金なしでいつでも受け取り・利用できます。

*テキストを印刷して頂くのには、
 別途「紙代」「インク・トナー代」「ファイル代」がかかります。
 正規トナーやインクを使用しますと 2〜3万円分かかることと思います。
 まずは最初の「第0・1・2章」を印刷し、課題をこなす間に インクをご用意ください。

【受講のための推奨環境】
この教材・業務ツール一式を 店頭業務にお使い頂くには、
 ・ファイルを閲覧するためのパソコン
 ・PDFファイル閲覧ソフト 「Adobe Reader」
 ・Microsoft社の表計算ソフト 「Excel」 (もしくは互換ソフト)
 ・POP印刷には A4版プリンター    が必要です。

「普通」に、パソコン環境が整っていて、今このページをご覧のあなたならば
問題なく受講ができるように作成いたしました。

パソコンをお持ちでない方は、
この教材・業務ツールはお使いになれませんのでご注意ください。

*スマートフォンでも、PDF閲覧アプリが入っていれば テキストの閲覧はできます。
 ただ、「業務ツール」はパソコンでないと、お使いいただけません。

        ------------------------------------
*なぜ、「パソコン必須」なの? 印刷して送ってはくれないの?

お花屋さんは、1〜3人程度で切り盛りするケースが非常に多いです。
それに対し、花屋さんの業務量は「多すぎます」。
仕入れして、花を手入れして並べ、「商品」もつくり「陳列」もする。
「配達」も「イベント準備」も「仕入準備」だってある。
その中で「今後の計画」を立て、「経理」だってしなくちゃならない。
 
そんな中、手では 膨大な手間と時間がかかりすぎて、肝心の仕事を圧迫してしまう
「お店のPOP」「イベント計画と管理」「売上計画と管理」を
”1台あれば10人力のパソコン君”にやってもらう、というのが
この 花屋運営キットの 基本的考えです。

 
この設備投資にかかる金額は、中古パソコン&プリンターで わずか3万円〜!
臨時バイトさんたった4日分のお給料で「5年間、10人分」の仕事がまかなえます。
なので、本当に、1人〜数人でお店をやる気があるのなら
「必ず揃えるべき」設備だと思っています。

実際に、「手で」POPを書いてみたが、できない、続かない・・・
「手で」計算をやろうとしたが、できない、時間かかりすぎ、続かない・・・
といった【経験】のある方には、この話、良く分かると思います。

 
ですので、 ご自分でパソコンとプリンター・用紙・インクやトナーを用意して お店が運営できる環境を整えてから ご覧いただくことをお勧めします。
 
どうしても まず先に読みたい! なら
スマートフォンでも、PDFリーダーをインストールしていればテキストを読むことはできます。

ただ「計算やPOPのエクセルファイル」は使えません;;;もったいないです。
 
すべてのテキストを読み終えたときには、「計算やPOPができるエクセル」の必須性が よくわかり、結局はパソコンを購入しないと難しいことが 理解できると思います。
 
どうしても 印刷物がほしい方は 
PDFファイルをご自分で キンコーズなどで製本依頼してください。
1冊 2000円前後で製本できると思います。(合計65000円くらい)
(付属ファイルやビデオなどは使えませんが。。。)

講座のポイントオリジナルテキスト本編(PDF)30編 約2350ページ

花屋の店舗業務「すべて」における
その仕事の「意味」、起きがちな失敗の「原因」
そして「いい仕事」にしていくための「手立て」
を記しています。

”全業務”にわたりますので、30編あります。

印刷すると、百科事典並みの厚さになります。
まさに「百科事典」です。

*両面印刷・片面2ページ印刷してこの状態です。150枚用 A4リングファイル6冊 
 この写真は、パソコンをお持ちでない方に特別に ビデオ講義・音声もDVD/CDに焼いたものです。
     (*現在は 代行焼きは承っておりません 印刷代行はキンコーズなどをご利用ください)

2000ページ超とはいえ、全てを全部暗記しろ、というようなものではありません。

細かな事例やファイルの使い方を含みますし あなたが今読んでいる”このページ”のように、
私がしゃべるように、行間も開けて書いています。
ご覧のように、イラストや図解・写真も満載です。(下の写真を見て下さい)
ですので、「2350ページ」という数字から感じるよりは、はるかに読みやすいでしょう。

また、「本当に読んで欲しいほんっとうに重要な部分」は、最初の165ページです。
165ページなら、すぐ読めるでしょう。

テキストはこのような仕様です。

テキストサンプル

実際には、「30冊」ではなく「30ファイル」になりますが、
「表紙」「目次」「ウラ表紙」がついており、
印刷するとそれぞれ、「1冊」のテキストになります。

あなたがご自分で印刷することになるわけですが、
もちろん、印刷設定とファイルのしかたもお教えします。
(上の写真を見るだけでも、大体分かると思いますが)

「テキスト30編」の中身はこちら。
花屋の仕事の流れをすべて網羅しているのはもちろん
スタッフ間のメンタル管理、
お店で起きがちなお客さまとのトラブルまですべて対応!

第1段階:あなたの「考え方」の改革

<第0章 はじめに…そもそも、「花屋」とは”何”か?>
 *はじめに…「花屋」って”何”だろう? (PDF 25P)

<第1章 ”花屋”に必要な「基本の考え方」とは>
 *「お花コンシェルジュ」になろう! (PDF 69P)

<第2章 あなたは”誰に””何を”売りますか?>
 *ビジネスプランを作ろう(PDF 71P)

<第3章 インターネットの基礎知識>
 *ウェブサイトの基礎知識〜ネット進出を考える前に(PDF 84P)


第2段階:「お店としての基盤」を作ろう

<第4章 良い”お店”であるために>
 *接客の基礎マナー (PDF 67p)
 *電話とメールの基礎マナー (PDF 68p)
  *包装は「はじまりの扉」〜包みを”開いてから”が重要 (45p)
 *無事に届けるための宅配便知識と梱包 (PDF 62p)
 *花屋の商品とは「何」か?〜「商品」の作り方 (PDF 44p)
 *プロ必須のカラーコーディネート術 (PDF 56p)
 *花屋の「ラッピング」〜意味と付加価値 (PDF 103p)
 *POPを使いこなせ! (PDF 86p)
 *陳列で「売る」! (PDF 84p)
 *一度来てくれた人を逃がさない!アフターフォロー (75p)
 *クレームのない店になる〜クレーム対応と予防 (PDF 81p)
 *「実はおいしくない」!? ブライダルの仕事 (PDF 98p)
   ・ブライダル受注シート (エクセル)

<第5章 魅力的な店づくりのために>
 *時間管理の必要性〜一番のロスは「時間」! (PDF 40p)
 *日常業務のタイムテーブル&週間スケジュールを作ろう (43p)
   ・開店・閉店&週間タイムテーブルシート (エクセル)
 *売れない時にも売るために〜イベントスケジュール&企画(60p)
   ・イベントスケジュールシート (エクセル)
   ・イベント企画&管理シート (エクセル)
 *売れる時に、もっと売る!〜物日管理 (PDF 131p)
   ・物日企画&管理シート (エクセル)
   ・物日企画シート<参照用記入見本> (エクセル)
 *<特別編>母の日用特別テキスト
  こちらのみ、メルマガ時(2008年3月時)のテキストです。
   ・クレームゼロ&売上UP! 母の日お助けマニュアル(51p)
   ・母の日「スタッフ用マニュアル」見本 (PDF 21p)
   ・母の日用スケジュールシート (エクセル)


第3段階:「良いお店」を目指して

<第6章 全員で”ひとつ”になるために>
 *スタッフ育成の基礎 (PDF 65p)
 *人の上に立つ事が怖いあなたへ (PDF 57p)
 *スタッフ育成手順1〜お店に立つ「前」に教えること(68p)
   ・スタッフ用テキスト「接客基本マナー」 (PDF 10p)
 *スタッフ育成手順2〜お店の基本の仕事を教える (PDF 56p)
   ・「開店・閉店・仕事のやり方」シート記入例(エクセル)
   ・スタッフ用テキスト「花のマナーと受注の流れ」 (37p)
 *スタッフ育成手順3〜商品作成を教える (PDF 94p)
   ・補足テキスト・商品作成の教え方サンプル (PDF 62p)
 *メンタルフォローと求人募集のコツ (PDF 83p)
   ・求人お助け書類セット (エクセル)

<第7章 いつも新鮮な花がある店づくり〜店頭管理>
 *売上計画の「意味」と「立て方」 (PDF 86p)
   ・売上管理表 (エクセル)
   ・損益分岐点早見表(+簡易給与計算表) (エクセル)
 *どうやる?毎日の売上管理と事務処理
  売上管理表から見る、商品自体のロス管理 (PDF 65p)
 *商品ロスを減らす「思考」と「売り方」 (PDF 100p)
 *商品ロスを減らす「見切り方」と「仕入れ方」 (PDF 93p)
   ・仕入予定シート(生花・鉢・記入見本セット) (エクセル)

それぞれの業務内容について、起こりがちな考えやミスを提示し、
その原因、そして本当に重要視すべきこと、その具現化手順・・・

を書いています。
具現化手順には、実際に私がしていたことを「考え方・やり方の例」として出しています。

ですので、あなたのお店で行う時は、
あなたの店の周辺の地域環境・地域慣習・あなたが感激させたい人の属性等を考慮して
「あなたのお店ならどうするか」という事を考える作業が必要です。

まんまこのとおりマネすれば良い、という内容も中にはありますが、基本的に
「あなたのお店の周囲の人に感激!してもらうためにあなたの店が何をすべきか」
その具体的なところは自分で考えないと、
”あなたの店の周囲の人”に感激!はしてもらえません

なぜなら、生活環境や生活習慣が異なる人に
一律に同じことをしても決して喜んでもらえないから
です。
東京人と大阪人のツボは違います。
80歳の人と20歳の人のツボは違います。

このテキストは、そんな、
”さまざまなあなたの店の周囲の人” に対応するための「考え方」を教えるものです。
あなたに「魚」を与えるのではなく、
根本的な、「釣り場の選び方・餌の選び方・釣りのしかた」を教えるものです。

この事がご理解できない場合・・・
とにかく機械的にサルマネすればいい「裏ワザ」を求めるなら、この講座は向いていません。

私の考え方が合うかどうか、まずはブログや基礎講座通信からどうぞ読んでみてください^^

10回基礎講座の最後に感想を送って下さると、
この30編のテキストの表題だけでなく、全内容のもくじ一覧をご覧いただけます。
すみません、このもくじリストだけで45ページにもなってしまうので、ここでは省きます。

講座のポイント花屋専用オリジナルPOP 37イベント分!(Excel)

フルパッケージ限定特典 単品版にはついていません

母の日・敬老の日などの大きな物日はもちろん、
季節ごとの 「花屋専用オリジナルPOP」 を
エクセルファイルでお渡しします。(現在37種)

エクセルでPOP? と思うかもしれませんが、
エクセルで、できるんです。

もちろん、使い方もお教えします。

基本的にはA4判ポスターとプライスカードのセットになります。
物日はショーカードやデザインバリエーションなど、多めになっています。

POPサンプル

花屋さんに限りませんが、小売店が何を悩むかって言ったら、
「POP」はそのかなりの位置を占めています。

そもそも書けない・キレイにならない。

POPライターに書いてもらったらA4ポスターなんて「1枚」5000円です。
プライスも含めトータルで作ってもらったりしたら、白紙の枠だけでも 1万円以上。

しかし、ライターさんに書いてもらう場合は、「紙」ですので、
「白紙」を書いてもらってコピーして、そこにさらに手書きで数字やコメントを書く・・・
超、面倒くさいですね。しかもプライスやコメントは自分の字では、
「POP」ライターさんに作ってもらう意味もあまりない気がします。

では、デジタル画像でデザイナーに作ってもらうとしたら??
商用でたくさん複製して配布するわけですから、その分の「使用権」や
さらに著作権表示なしで使う権利などを含めると、1セット軽く3万円は超えるでしょう。

では、市販のPOP作成ソフトは??
確かに便利でしょう。安いし。(¥15000くらい)
スーパーや飲食店なら、かなり使えると思います。
でも、「花屋」で使えるデザインって、どのくらいありますかね??
なきに等しい・・・ではないでしょうか。

では!これならどうだ!
お店のスタッフで得意な子に作ってもらったら??
はい、イラストデザインもできて、それをPCデータに加工できる、またはデジタルで作成することができるスタッフがいればもちろん可能です。
・・・でも、なかなかそんなスタッフ、いない事が多いですね。

しかも、ついつい、「いつもお店にいるスタッフ」だと忘れてしまいがちですが
1セット丸1日の勤務時間で作れたとしても、
1セットにつき、時給800円の場合で 6,400円かかっているわけです。
2日かかったら 1セットにつき経費 12,800円です。

私は、イラストやデザインがもともと好きでしたので、
自分の店用に、常にPOPを作っていました。 やはり、丸1日は軽くかかりました。
店長をしていた私が「いつ」作ってたのか?というと・・・
数少ない「休日」を1日潰して作っていました。
アホです。

そんな事しても給料増えませんが。
でも、自分のお店が大好きだったので、せこせこと作っていました。

このPOPデータは、そんな私が、
「実際に自分の店用に作っていたもの」に、
さらに改良を重ねたものです。

はい。
実際に、花屋の現場で、使っていた私が立証します。
このまま使えて、非常に便利かつ、スタッフでも簡単に入力・印刷ができます。

花屋ならではの、通年の季節の花や行事のイベントポスター。
と、同じデザインの、お店のサービス案内などの使える文字入れ用ポスター。
プライスカード2サイズ。
ギフトイベントの時はギフトタグ。
大きなイベントの時は「棚ポスター」までついています。
どのPOPにも、店名やお店のロゴマークも自由に挿入できます。

POPデータそのものを第3者に配布しない限り、どんな使い方をして頂いても構いません。
私の「自作」なので。

イラストデータを抜き取って加工して、チラシなどに使っていただいてもOKです。

*著作権を放棄してはいませんので、イラストを「商標登録」することは禁じます。

POP見本ポスター POP見本プライスカード
POP見本棚ポスター POP見本ギフトタグ

まさにカユいところに手が届く、それもそのはず、だってこれは

「私自身が欲しかったPOP」ですから!

このPOPデータは、あなたの労力とお金を大幅にカットします。

モニター受講生さんからも 「こんなPOPが欲しかった!」 という声を頂いています。

現在進行形で、私が、やはり1セット10時間くらいかけて作っています。
それが37種。
仮に先ほどの予算で最も安上がりな「スタッフに作ってもらう」場合の
”1セット6400円”で計算しても×37=236,800円。

教材一式のお値段・・・このPOPセットも込で ¥69,800 なのです。
どれほどあなたが得をするか、わかってくれるでしょうか??

講座のポイント 日常業務に必要な業務補助書類 12種 (Excel)

お店の業務で実際にとても困るのが ココ。
「ないからできない」をなくすために、あなたに差し上げます!

こちらの業務書類は、「テキスト」とセットで使っていただくものです。

お店の日常の業務を、「システム化」「効率化」していくためには
 ・誰が見てもパッと分かる
 ・誰でも記入・入力が簡単にできる
 ・その後の管理も簡単!
な「書類」が必要不可欠です。

しかし、そんな「書類」・・・・・・
「作ろうとしてみて、挫折・・・」
「作ってみたけど、使いにくい・・・」
あなたもそんな経験があるのではないでしょうか?

そこで!
またまたあなたにプレゼント!

はい、私が実際に、自分の店のために作っていた業務書類に
さらに手を加えて使いやすく加工したエクセルファイル
12種類をあなたに進呈します。

日々の売上管理のための「売上計画・管理表」
商品の企画に便利な「商品企画書」
物日やイベント計画・管理に必須の「物日計画書」「イベント計画書」
「なんとなく」で仕入れしない、仕入れたものは売り切るための「仕入計画書」などの
業務補助書類を、エクセル形式でお渡しします。

業務書類サンプル

◆店の日常業務管理用
 *開店・閉店&週間タイムテーブルシート
 *「開店・閉店・仕事のやり方」シート記入サンプル

◆イベント・物日管理用
 *イベントスケジュールシート
 *イベント企画&管理シート
 *物日企画&管理シート
 *物日企画シート<参照用記入見本>
 *母の日用スケジュールシート<見本つき>

◆売上・仕入管理用
 * 売上管理表
 *損益分岐点早見表(+簡易給与計算表)
 *仕入予定シート(生花・鉢・記入見本セット)

◆求人募集用
 *求人お助け書類セット
   (受付票・面接票・契約書ひな形・求人ポスターのセット)

◆ブライダル用
 *ブライダル受注シート(ブーケ用・会場装飾用)

「作ろうとして、挫折・・・」「使いやすいものが作れなかった」
そんなあなたには、このエクセルシートはまさに救いの手!

もちろん、データそのものを第3者に配布しない限り、
あなたの店に合わせて自由に改造して使って頂いて構いません。

受講生さんからも、このエクセルシートは 「助かった!!ToT」「自分じゃ作れない」
お声を頂いています(→受講生の声を見る)

お店の業務で実際にとても困るのが ココ。
「ないからできない」をなくすために、あなたに差し上げます!

以上が、この講座の主な内容となります。

「知識」だけでは 実際にお店で使うのは至難の業だから。
 
お店の業務で実際にとても困る
「POP」と「イベントや売上・仕入管理ツール」まで
実際に私が花屋の店頭で使っていたものを、
さらに改良して あなたに差し上げます!

ほか、このような特典があります。

◆1:講座内容のバージョンアップ・ファイル追加 期間無制限&無料

この講座は、受講生からの意見・ご要望でどんどんリニューアルや内容の追加を行っています。

既に、受講生さんからの声により、このような内容を改定しました。

1.Step1〜Step5までの「講座の進めかた(=店の改革手順)」をもとに
 各過程ごとの「課題」をこなして進めていけるように整備

2.受講開始からの日数に応じてサポートメールも配信

3.配送会社との交渉について追記

4.店の間取りと動線について追記

5.テキスト全体を、「経営者・店長・開業希望者」向けに編集
(モ ニター時は意欲あるスタッフさんも含めていたが、外し、
 スタッフ専用版を今後作成する方向に決定)

6.内容が多いので、見出し検索機能を追加

7.音声ファイルを追加

8.1人など悪条件の場合どこを重要視するかの補足テキスト追加

9.店の方向性・商品決めの電話相談オプションを追加

10.より特化したサービスの考え方と具体例を追加(限定配布)

あなたも、ご意見ご要望をお申し出頂ければ、
どんどん講座内容に反映していきますのでどんどんメールを下さいね!

今後、どんなに内容が増えても、追加料金はかかりません。
(*オプションサービスを除く)

◆2:受講日数に応じた 進め方アドバイスメール

このパッケージは、とにかく 破格!で
お花屋さんを運営するための「考え方」と
お店を回すための「ツール」を得られるパッケージです。

なのですが、欠点があります。

膨大な量の テキストとツールを 
一度にどこからでも 見ることができてしまうがゆえに 
迷子になる方、多数。

つまり、「どこからやったらいいのか分からなくなってしまう」んですね。

受講生サイトでも、進め方のナビが記されているのですが
追加でご相談を申込まれる方の多くが この進め方を「読んでいない」「やっていない」ので;
あとから 「メールで」 お申し込みからの日数ごとに
「今 これをやってくださいね」 というメールを出すことにしました。

日数ごとで、決まった内容でお送りしていますので
あなただけへの 個別アドバイスではありませんが あなたを導いてくれるでしょう。

◆3:受講生限定・フォローアップ通信(メール)

受講生には、私から、不定期に「シーズンごとのイベントフォロー」
「お店運営のヒントになる話」をお届けして行きます。
「講座の改定のお知らせ」や「メンバー限定のサービス」なども、メールを使って行います。

受講生からこんな相談があったなどの情報のシェア」は、掲示板でも行います。
私は現在インターネットで仕事をしていますので、色々な情報が入ります。
その提供などなど・・・
とにかく、私からの「何でもありのメール」です。

いらない、という方は、解除も自由にできますが、再登録できませんのでご注意ください。

そして・・・ 先ほどご紹介した

◆4:花屋専用オリジナルPOPセット 37イベント分!(Excel)

POPセットは「フルパッケージ版限定特典」です。
「お花屋さんの教科書」単品版にはついていません

花屋改革講座

・「花屋の業務内容全てに関する”原因究明→解決方法”のテキスト30編」
・「テキストの進め方+進度チェック課題+店づくり計画書きこみ式シート(課題)」
・「日常業務に必要な記入・計算エクセルファイル12種」
・「あなたの店の名入れ・コメント入れが自由にできるPOPデータ37種前後」
・受講日数に応じた進め方案内メール講座
・受講生専用 教材を活かす 季節イベントや考え方の通信
・『受講生専用フォーラム』 無料参加権つき 

教材費 <フルパッケージ版> ¥69,800(消費税込)

「全教材・店舗運営ツール一式」の価格です。
銀行振込のほか、PayPalカード決済(一括払い・3回払い)がご利用いただけます。

店舗運営ツールとして 破格なので 個人別サポートは含みません。
そのかわり、180日目まで、サポートメールが配信されます。

現在、リニューアルのため受付停止中です。

*お支払いには クレジットカード(PayPal利用)・銀行振込み がご利用いただけます。
*お申込みのメールフォームを送信されましたら、即時折り返しの「メール」で、
 選択されたご希望のお支払方法にもとづいて 振込口座 または PayPal決済リンクをご案内します。
 振込用紙などの郵送はありませんので、メールを迷惑フォルダまで良くご確認ください。

*銀行振込みの際の振込手数料はお客さまのご負担となります。
*ご入金を確認いたしましたら、受講生サイトへの ご案内をさせていただきます。
 PayPalで即時カード決済を利用されますと、即日の ご案内も可能です。

     (私が出張などで不在の場合は1〜2日かかることもあります)
*カード決済はPayPalを利用しています。
 カード番号等が私に渡ることはありませんのでご安心ください。


よくあるご質問にお答えします!

◆なぜ、こんなに安いのですか?
 子どものピアノや 通信講座より安いので不安です;

私は、とにかく現状がイヤなんです。
お客さんからも悲しいメールが来る
花屋さんからも困ってますというメールが来る・・・
こういう現在の「花屋事情」を早く改善したいと思っています。

ですが、「普通の」小さなお花屋さんほど、お金も時間もありません。
でも! 小さなお花屋さんにこそ、がんばってもらいたい!

小さなお店には、顔の見えない自動販売にはない「良さ」がたくさんあります。
小さなお店ほど、私は頑張ってほしい。応援したい。

だからこの値段にしました。

内容を考えたら、「バカじゃないの!?」というくらい安い値段です。

実際にもう20人以上に言われました^^; (はい、バカです)
受講生さんにも、15万円以上、20万円以上の価値と言って下さった方が何人もいます。
 
この内容を お店で実践していくには 1年〜かかります。
69,800円を 1年間のお月謝に換算したら なんと 5816円です。
お店を経営するための 内容としては まさに 「ケタが1つ少ない」でしょう。

でも、小さなお店に「こそ」読んで欲しい!

この講座は、
「私の生花店での経験11年分」 + 「花屋さんやお客さんへのアドバイス6年分」
がつまったものです。

最初の執筆に 420日かかっていますし
その後もこれまでの間、受講生のみなさんの進み具合、躓くところ、相談内容を受けて
追加テキスト、追加ビデオ、追加ワークなどを、今この時も作っています。
現在までずっと手を入れ続けていますし、これからもどんどん「進化」を続けます。

ハッキリ言って、安売りはしたくありません。
本来なら評価通り、15万、20万頂くべきだと思います。

でも、実際に小さな花屋さんが購入できないようでは意味がない。
個人の店舗さんが「えいやっ!」と出せる金額・・・
というと、やはり「ひと桁」・・・10万円未満でしょう。
充分に 活用して頂きたいから、

「パソコンがまだない方が、パソコン環境を整える」
「個別の相談をみっちり 1日つける」
という分を含めても「10万円」前後になるようにしました。

 *「顧問契約」での継続相談は、受講生&基礎講座生の通信で不定期にお声かけしています

「お店運営の考え方」の教材と、「お店を運営するためのツール一式」
「何でも質問できる掲示板」「サポートメール講座」「受講生限定通信」を含めて
通常、コンサルタントに依頼したら年間かかる費用のほぼ10分の1・・・
69,800円(消費税込) で ご提供します。

なお、このパッケージでは「掲示板のみ」のアドバイスですが、
あまり人数が多いと返答ができなくなりますので 
ひと月の受付人数は3名までにさせて頂いています。
人数をオーバーした際は、しばらく受付できないときがあります

◆自分の店でも使えるのか心配です・・・

先ほども少しお話させて頂きましたが、この講座は
「まずお客さんに感激するほど喜んでもらい、何度も来店してもらう
 その結果、スタッフも経営者も嬉しい」
そういう花屋になるための「考え方」「お店の基盤の作り方」をお教えするものです。

「基礎の基礎」ですので、日本中、いえ、おそらく世界のどこでも使えます。

私は、タイプの異なる3つのお店で、この運営方法を実践しました。
(年配者御用聞き+商店向け / スーパーテナント / 住宅街)
お客さんの層やお店の立地が全く異なっても、関係なく使えます。

なぜなら、
「店とは何か」「どうしたらお客さんに選ばれるのか」を「考える」ことが
このやり方の根本なので
常に「たった1つの完璧な答え」があるわけでは「ない」からです。

これは、「日本中のどんなタイプのお店でも使える例を満載している」
という意味ではありません。
実際には、1000店あれば1000通りの「環境・立地・慣習・お客さん」があるわけですから
その全国分すべての例なんて載せられません。

この「考え方」「やり方」にのっとって実際にお店を変える「行動」をすることで
あなたが自分で、自分の店の周辺環境やお客さんを「分析」し、
あなたの店の周囲の人に感激してもらう店を自分で作ることができる「力」が
あなた自身に身につくようになる、という講座です。

◆自分に理解できるのか不安です。難しいのでは・・・?

そうですね、その不安はもっともです。
なにしろ、巷の「経営・運営」関連の情報と言えば、難しすぎますから。

「経営とは・・・」なんて本を見た日には
「チンプンカンプン、何言ってんの、あーもうやめた!」となるのが普通です。

安心して下さい。
この講座は、「伝える」事の重要性を説いた講座ですから、もちろん!
「私からあなたに伝える」そのために書いています。

あなたが理解できなかったら、私はこの講座を書いている意味がないんです。

大丈夫です。
あなたが、今、このページのここまで読んで、内容をお分かり頂けたのであれば、
まったく問題ないはすです。

受講生さんからも、「とにかく読みやすい、分かりやすい!」という評価を頂いています。

◆量が膨大すぎる気がします。 そんなに読む時間がないのですが

確かに、「2,350ページ」と聞くと膨大な気がしますね。

しかし、とにかく最初に頭に叩き込んで欲しいのは最初の165ページです。
(テキスト第0・1・2章)

最初の165ページで、最重要の「考え方」「店の作り方」の概要を全てお話しています。

その後の内容は全て、「具現化のための手段」の説明となります。
ですので、必要に応じて「百科事典」的にお使いいただければと思います。

また、もし、2350ページを1冊200ページの新書に換算するなら 12冊分です。
商売に必要な全分野の本を読むとしたら最低でも30冊、できれば100冊くらい必要です。
そうしたらあなたが読むのは2350ページどころではありません。20000ページ近くなります。
それが「すべて」入っての2350ページです。花屋に必要な部分のみに凝縮しています。

*なお、9冊に分割して2011年〜提供予定です。
「まとめて申込むのはなかなか・・・」という方は
 分割版の提供までお待ち下さると幸いです。

さらに、実際に「具現化」をしていく時間も、当初はなかなか「ない」と思いますので
「テキスト第5章」にて、「時間の作り方」も指導しています。

時間は、あります。
特に今、売れていないなら、必ずあります。
どこかで「時間を無駄遣い」しているはずです。
その「無駄遣い」をなくして、「新しい仕事をするための時間を作るやり方」も書いてあります。

このような、実際に実行して行く過程において躓きがちな部分も
すべて盛り込んでの「2,350ページ」です。
最初からすべて読まなくてはいけない!
というわけではありませんのでご安心ください。

受講日数ごとに私からの「進め方メール」が届きます。
さらに、「進め方の手引き」や「課題」もついています。
完全に「花屋」に特化した、まさに「通信講座」だとお考えください。

◆私はネットショップをしているのですが、使えますか?

申し訳ありません。この講座は、「実店舗」向けです。

・インターネット専門店
・プリザーブドフラワーやアートフラワー専門店
・冠婚葬祭専門アトリエ
・花屋でない講師さんやデザイナーさん
には、使えない事はありませんが、さらに応用が必要です。

ごくごく「フツー」の、「町の花屋さん」向けです。

客層や立地は問いませんし、扱う品のバランスも問いません。

一般的な(生花+鉢)、園芸中心の(苗+鉢+資材)、生花のみ、雑貨+花 などなど
「フツーの花屋さん」であればどんなスタイルでもOKです。
仏花中心でも、ギフト中心でもOKです。

店舗規模としては、
短時間や週3日等のパート・アルバイトさんを含めて〜10人
フルタイムスタッフ換算で〜6人程度のお店を想定しています。

ネットショップさんは、個別のセッションの方へお申し込み下されば
あなたのショップサイトのコンサルティング、および
現在このようにネットで集客している私のやり方をお教えします。

*個別セッションは限定、月1〜2名です。 こちらから状況をご確認ください。


◆どのくらい売れるようになりますか。

こればかりは、あなたの「実行具合」によりますので何とも言えませんが

フルタイムスタッフ換算で、1人あたり、年商1300〜1500万円くらいを想定しています。
(私のいた店でのおおよその平均売上です)

=3名4000万円 =5名6500万円 =6名8000万円 くらい。
母の日や年末などの物日は1日100万、200万普通に売れるお店を目指します。

ただし、一人きりの場合は、出来ることが限られますので
月商100万行くにはちょっと「アイディア」がいるでしょう。
ただ普通に花を売るだけでは厳しいと思います。
(*このアイディア面に関しては、受講者で一定の条件を満たした方に配布中)

また、スタッフ10人以上、年商1億円以上を目指したい場合には
この程度の「システム」では機能しなくなることが考えられます
ので
もっと、さらにしっかりとした従業員管理のシステムが必要になってくるでしょう。

◆お店が変わるまでどのくらいかかりますか?

期間は確かに気になるでしょう。
しかしこれも、ひとくくりにはちょっとできません。
この講座を読む前のあなたのお店の状態にもよりますし
読んでからの理解度・実行具合によるところが大きいです。
人によってかなりの差が出ることが想定されます。

私は「あっという間にできます」などと言うつもりはありません。実際問題時間はかかります。

ただ、一応、目安としては
私が「ダメダメ状態」だった店に就任後、
スタッフ7名が一通りの仕事ができるようになるまで4ヶ月ほどかかりました。
ただこれは「私」の場合ですから、
あなたが講座を読んで全く同じペースで、というのは難しいでしょう。

どこを「効果が出た」ラインにするかにもよりますが
お店の雰囲気が変わり、お客さんの層が変わってくるまでにおおよそ2〜5か月
スタッフの育成・お客さん感激!ラインまで行くのには6か月〜1年
かかると思われます。
営業しながら変えていくのはどうしても時間がかかります。

この講座は、花屋の運営に必要な事を、あらゆる方面から書き綴ったものです。
スタッフの雇用方法・指導方法やクレームを出さない方法、
配送業者や結婚式場との付き合い方、お客さんとの線の引き方など
普通のマニュアルでは載っていないけれども、実際にお店に立っていたら必ず起こる
「困ったこと」の対処法まで網羅しています。

私としては、あなたの店に月2・3回通ったとして×12か月・・・1年30回前後通っても
伝えきれないであろう情報量を詰め込みました。
このテキスト1冊分の内容を伝達するのには、2〜3時間ではとても不可能です。
×30冊ですので、全てを実行するのには 「早くて6か月、標準1年かかるであろう内容」 になっています。

◆開業前ですが、この講座に基づいて店づくりはできますか?

おめでとうございます!

開業前のあなたこそ、この講座を”最短の道のりで”有効活用できます。

この講座は基本的にはその名の通り、
「今現在営業中の花屋さんの改革」を目的としています
「現在」すでに営業していると、切り替えが難しい面も多々あります。
実際に「実行」しないと当然、店は変わらないのですが
そのそもの店の方向性から見直して、変えていく必要があるため、かなり大変です。

その点、「これから店を出す」あなたならば
まずあなたが感激させたいお客さんを決めてから
「そのお客さんに最も合う立地の店を選ぶ」事が可能です。
また、「開店時にはもともとシステムができている」事になりますので
波に乗るまでが非常に早くなるでしょう。

ですので、開業前・開業準備中のあなたにこそ、実は「最適!」な講座です。

ただし、私は「店の開店後の運営」しかしていませんので、
店舗契約に関する不動産的な事に関してはこの講座には載っていませんし
ご質問を頂いてもお答えすることができませんのでご留意ください。
逆に、不動産関係の情報ならば、いわゆる「開業本」に載っています。

また、アレンジの作り方や花の扱い方などは「既に知っている」ものとみなしておりますので、必要があれば別途学んでいただく事になります。

◆何か「裏ワザ」的な事をするのですか? 効果は続きますか?

この講座は、「感激の花屋」になるための 「超・王道」の道のりを示したものです。

裏ワザ・違法行為は一切ありません。

むしろ、「このような法律がありますのでしっかり守りましょう」という事を推奨しています。

「お客さんにもスタッフにも感謝されるまっとうな商売」
を目指しますので、「効果」という言葉自体が合わないでしょう。

「お客さんの役に立つことで商売繁盛する」という王道を行きますので、
続ければ続けるほど「良くなります」。

また、「何かたった1つの事をやれ」というものではありません。
もし時代や客層が変われば「そちらに合わせる」のです。
その意味で、同じことをやり続けるだけでは確かに「効果」は薄れますが
「そういう事ではなく」”常にやり続ける”事を推奨します。

◆実践するのに、店の改装など莫大なお金がかかるのでは?

安心して下さい。
この講座は、「小さなお店が、お店の質を改革する」ための講座です。
そんなに多額の経費がかかるような内容は一切ありません。
仕事をする上での商品仕入や資材仕入・陳列用小物・事務用品といった
”普段お店で必要な経費”以上にお金がかかるような方法は一切ありません。
 
改装に関しては、お店の「ぷち改装」をお勧めしています。
(もちろん、「ぷち改装」すらも必要ないお店もあるでしょう)
この「ぷち改装」を実行する場合、
「棚」や「イス」「布」など小さな備品の購入代金やペンキ代はかかりますが、
いわゆる「改装費用」・・・何百万円もかかるような事は、苦しくなるだけなので推奨しません。

◆他の開業講座やコンサルティングとの違いはなんですか?

まず、教えるのは「私、本多るみ」1人だという事ですね。

ですので、「多くの人の意見を聞きたい」とか「私と相性が合わない」方には向きません。

そのかわり、「いろんな人にいろんなことを言われて混乱する」という事はありません。
すべて私が話していますので、一貫性があります。

2つ目に、面会がありません。

オプションでSkype(または電話)による通話や面会も可能ですし、
受講日数に応じて「今これをやってますか?」「ここを忘れないでくださいね」などのメールはいたしますが
基本は「通信講座」ですので、「自主性」が非常に重要になってきます。
 
実際問題、たとえ対面で習ったとしても「お店で実行」しないことには何も変わりません。
そのため、「自分から行動する」事ができない人には不向きです。

3つ目に、実技指導がありません。

花屋さんは大抵、花の事自体には詳しいです。
フラワーアレンジの事も良く知っているのが通常です。
ですので、この講座では、花の知識や技術の面に関しては完全にカットしています

もし、花の技術が不足しているのであれば、それを教えてくれる教室は
それこそ星の数ほどありますので、私がこの講座に盛り込む必要はないと判断しました。

「技術の話」を抜くなら、対面である必要がありません。
「考え方」部分というのは、とにかく、「いかに毎日考えたか」です。
実際に効果が出るかどうかは「いかに毎日実行したか」です。

対面指導してもできない人はできないし、対面していなくてもできる人はできるはず。

また、先の通り、「対面」はその性質上、どうしても高額になります。
「そんなお金は払えない、行く時間もない」 そういうあなたのためにこの講座を作りました。

向き不向きはあると思いますので、ご自分の状況や性格をお考えの上、お申し込みください。

ここまで読んだあなたなら、大丈夫だとは思いますが
一応、再確認しておきますね。
この講座が向いているのは・・・

逆に、次のような方にはあまりお役に立ちません。

これらの条件に当てはまる方には、
基本の思考や商品づくりに関しては参考になるかと思いますが
お役に立たない部分も多々あるかと思います。

もしも受講なさる場合は、
それを踏まえてご了承のうえでお申し込みください。

花屋改革講座

・「花屋の業務内容全てに関する”原因究明→解決方法”のテキスト30編」
・「テキストの進め方+進度チェック課題+店づくり計画書きこみ式シート(課題)」
・「日常業務に必要な記入・計算エクセルファイル12種」
・「あなたの店の名入れ・コメント入れが自由にできるPOPデータ37種前後」
・受講日数に応じた進め方案内メール講座
・受講生専用 教材を活かす 季節イベントや考え方の通信
・『受講生専用フォーラム』 無料参加権つき 

教材費 <フルパッケージ版> ¥69,800(消費税込)

「全教材・店舗運営ツール一式」の価格です。
銀行振込のほか、PayPalカード決済(一括払い・3回払い)がご利用いただけます。

店舗運営ツールとして 破格なので 個人別サポートは含みません。
(そのかわり、180日目までサポートメールが配信されます)

現在、リニューアルのため受付停止中です。

*お支払いには クレジットカード(PayPal利用)・銀行振込み がご利用いただけます。
*お申込みのメールフォームを送信されましたら、即時折り返しの「メール」で、
 選択されたご希望のお支払方法にもとづいて 振込口座 または PayPal決済リンクをご案内します。
 振込用紙などの郵送はありませんので、メールを迷惑フォルダまで良くご確認ください。

*銀行振込みの際の振込手数料はお客さまのご負担となります。
*ご入金を確認いたしましたら、受講生サイトへの ご案内をさせていただきます。
 PayPalで即時カード決済を利用されますと、即日の ご案内も可能です。

     (私が出張などで不在の場合は1〜2日かかることもあります)
*カード決済はPayPalを利用しています。
 カード番号等が私に渡ることはありませんのでご安心ください。

追伸

そもそも、なぜわたしがこのような、
【通常極秘のスキル】 を
あなたにお教えしようと思ったか?

実はわたしも、お店の現場を退いた当時は
この知識を誰にも教えるつもりはありませんでした。

何のコネも資金もなく、雇われのたたき上げ、雑草系でここまで来た私は
資産もない、持ち家もない。

「いつか自分の店を持ちたい」

あなたがそう思ったように、私もそう思っていました。
そして、いつか自分の花屋を持てた日のために、
「私だけのもの」にしておくつもりだったのです。

しかし・・・・・

2006年にお客さま用のサイト『Blumeleben〜花*生活』を開いてからの1年間で
まず、少し考えが変わりました。
花屋さんから 「アドバイスして欲しい」というご要望を頂くようになったのです。

ちょうど、2006年末で出産退職しましたので、
これを機に、「花屋さんにアドバイスする」仕事をすることにしました。

ところが、実際に「ここをこうして」と言うだけでは、アドバイス先の花屋さんはなかなか変わりません。
「ここをこういう風に考えて商品を作って。まず考えてからやって」 と言っても、
やはりなかなか変わりません。

・・・・・・やはり、根っこの根っこの「考え方」をまず入れ替えてもらわないとこれは、
全然、花屋さんの身についてない。効率が悪すぎる。
花屋さんにとっても、根っこの考え方を変えないと お金の無駄だし、私の時間も無駄。

私は花屋の店頭にいたころ、
毎日毎日、お客さんに花のマナーやら花の選び方を説明しなければならない事にちょっと疲れていました。
「どうして花マナーや花の選び方の情報がないんだろう」そう思っていました。
だから、自分で「花の基礎の基礎」のサイトを作りました。

その時と同じ疲労感を感じる・・・・・・

これはいかん。
花屋さんに「考え方」を伝えなければ、日本中の花屋さん変わらない。

たとえコンサルタントさんがいても無理。おいつけない。
1店1店個別にコンサルできる店舗数には限りがある。
そもそも、「困りごと」に対してその都度アドバイスしても
根っこの考え方が育っていないから 根本的に 全然役に立ってない。

当時、私は生まれたばかりの子どもの育児中でした。
当面個別コンサルしまくるとか 学校を開くとかは出来ない。

じゃあどうする!?

そこで思ったんです。
私のやってきた「考え方」「店という”システム”の作り方」を伝えよう。
 
お客さん用の お花の基本を伝えるサイトを作った時のように
「書けばいい!」

それが私にできること。 私だからできること。

このスキルを、自分ひとりの胸に秘めていても意味がない。
誰も幸せにならない。

できるだけ多くの花屋さんに読んでほしい。
そして変わってほしい! もっと花を広めてほしい!!
花を買って「悲しむ人」をこれ以上増やさないでほしい!!

そう決心したのが2008年の1月1日でした。
そうして、2008年3月に、「何もないところから」
「今からお花屋さん向けにこういうのを書きたい。読んでください」
と、『Blumeleben〜花*生活』で「メールマガジン受講生」さんを募ったのがはじまりです。

このメールマガジン講座は、2009年2月で「1年間」という当初の予定を無事終了。

そこで頂いたメルマガ受講生さんのアンケート結果を見て、またもや
「伝達できていなかったこと」の多さにショックを受け・・・

そこからさらに、すべてのテキストを再編集しました。

そんなメールマガジン受講生の「率直な声」があったからこそ。
そして、2013年の現在でも、受講生さんの「率直な声」や「質問」を伺えるからこそ
さらに「使える」講座に進化をし続けているといえるでしょう。

もちろんこれからも、あなたのご意見とともに、どんどん、より良い講座にしていくつもりです。

この講座は、そんないきさつを経て生まれました。

だからこそ、この額で惜しみなく、
私が「持っているもの」を出し尽くします。

ただ、あなたに1つだけ守ってほしいことがあります。

この講座を読んでも、実行しなければ変われません。
「実行する」ということは正直、面倒くさいでしょう。
「時間がない」それはわかります。
 
でも、本気でいい店にしたいのなら、
「時間を作って、自分にできる限りのことをして、店を変えるんだ!」
という”気持ち”を持って下さい。

花屋は事業で、あなたは事業者(になるの)ですから、
「何もしなくて良いですよ」なんて事を言うつもりは毛頭ありません。
やらない人を救うことは、私にはできません。

「学ぶこと」は 「恥ずかしいこと」ですか?

「勉強するなんて、’自分がダメと認めるようで)恥ずかしい」
もしかして、あなたもそう思っていますか?

「私は、より良いお店にするために学び続けています」
そう言うことは、本当に「恥ずかしい」でしょうか?

お客さんからしてみれば、「行かない」時点で、既にあなたの店の評価が「赤点」なわけです。
「今までが良くなかった」なら、その事はお客さんの方が良く知ってます。「だから」来ないんですから。

「私は今まであなたのためになることをできていなかった。ごめんなさい。
 これからもっと勉強してあなたのためになることをして行きたいと思います!」

と認めることは「ダメな事」ではなくて
「いい店になるためのスタート」だと私は考えます。
お客さんにその誠意を伝えれば、お客さんもやってくると思っています。

「もっとあなたを助けられるように、もっと頑張ります! もっと精進します!」
あなただったら、そう言ってくれるお店と、
「あなたのためを思ってくれているかどうか分からない店」と、どちらに行きますか?

お客は 「自分のためになることをしてくれる店」に行きます。
きっと、あなた自身もそうでしょう。

お客さんの幸せを願って、そのための「考え方」を身につけることは、
『とても素晴らしいこと』!

ここがいけなかった、という事が分かるからこそ直すことができるんです。
「良くないところに気付いた」なら、あなたは素晴らしいんです。
胸を張って「学んでいます」と言ってほしいなと思います。

この講座の話は、「私が実際にやっていたこと」です。
そして、事務処理やPOPといった「派生ワーク」部分が大変だったからこそ、
あなたに、私が休日を費やしていた 「POP」と「業務書類」をお渡しします。
あなたの休日や睡眠時間まで潰せ、とは言いたくないので。

本当に悩んでいて、本当に変わりたいなら。
あなたにもきっと、できるはずです。

あなたと講座でお会いできるのを楽しみにしています。

最後に、私に「基礎の基礎」を教えてくださった先輩方、
システム作りの重要性に気付かせてくれた経営者、
私に「ウェブサイト」の可能性に気付かせてくれたあなた
私のサイトを見て、私に相談をしてくれたあなた
「何もできていない」メルマガ講座を受講してくれたあなた
そして、ここまで読んでくださったあなたに 厚く御礼申し上げます。
 
普通じゃない出産直前の起業と、子どもを抱きながらの執筆に協力してくれた夫と
そんな母のもとですくすく育ってくれている 子どもたちへ感謝をこめて。

花屋改革講座

・「花屋の業務内容全てに関する”原因究明→解決方法”のテキスト30編」
・「テキストの進め方+進度チェック課題+店づくり計画書きこみ式シート(課題)」
・「日常業務に必要な記入・計算エクセルファイル12種」
・「あなたの店の名入れ・コメント入れが自由にできるPOPデータ37種前後」
・受講日数に応じた進め方案内メール講座
・受講生専用 教材を活かす 季節イベントや考え方の通信
・『受講生専用フォーラム』 無料参加権つき 

教材費 <フルパッケージ版> ¥69,800(消費税込)

「全教材・店舗運営ツール一式」の価格です。
銀行振込のほか、PayPalカード決済(一括払い・3回払い)がご利用いただけます。

店舗運営ツールとして 破格なので 個人別サポートは含みません。
(そのかわり、180日目までサポートメールが配信されます)

現在、リニューアルのため受付停止中です。

*お支払いには クレジットカード(PayPal利用)・銀行振込み がご利用いただけます。
*お申込みのメールフォームを送信されましたら、即時折り返しの「メール」で、
 選択されたご希望のお支払方法にもとづいて 振込口座 または PayPal決済リンクをご案内します。
 振込用紙などの郵送はありませんので、メールを迷惑フォルダまで良くご確認ください。

*銀行振込みの際の振込手数料はお客さまのご負担となります。
*ご入金を確認いたしましたら、受講生サイトへの ご案内をさせていただきます。
 PayPalで即時カード決済を利用されますと、即日の ご案内も可能です。

     (私が出張などで不在の場合は1〜2日かかることもあります)
*カード決済はPayPalを利用しています。
 カード番号等が私に渡ることはありませんのでご安心ください。

受講生の声

------------------- 事業者情報 --------------------
 STUDEIO HEIM  本多るみ (本名:岩佐千春)
   神奈川県座間市入谷5-2591-19-308  詳細はこちら
 多忙なため、常駐しておりません。ご連絡はメールでお願いいたします。
--------------------------------------------------

特定商取引法に関する表示 | 感激の花屋養成講座 花屋運営マスターパック フルパッケージ

(c) STUDIOHEIM RUMI HONDA