花屋開業 

本多るみ

こんにちは^^ 本多るみです。

もし、あなたが本気で
「お客さんが喜んでくれるいい花屋さんになりたい!」
「お花の作品を 喜んで買ってもらいたい」
「お教室の生徒さんに 喜んでほしい!」
と思うなら、
【喜ばれるお花屋さん・お花のお仕事 きほん講座】に入りませんか?

     ◆メールマガジン◆
【喜ばれるお花屋さん・お花のお仕事 きほん講座】を受講します!
メールアドレス
*プレゼントファイルが受け取れるよう、普段お使いのアドレスでご登録ください

【喜ばれるお花屋さん・お花のお仕事 きほん講座】 って何??

花屋さんや お花の先生
独立したブーケデザイナー、活け込みしごと人 など
「お花のお仕事」に憧れる人はとても多いのですが
花屋さんも含めて、お花関係の仕事って、
なるための資格や指標・基準が「ない」
んですね。

お花のスクールは たっくさん!あるけれど・・・
 
「お教室の先生」のお免状はもらえても、お教室のしかたは教えてもらえません。
自分の作品を売ったり、小さな花屋さんをしたいときも
やり方は教えてもらえません。
 
花屋さんに就職はできても
うまく回っているお店に就職できるかどうかは「運」状態だし
仕事をきちんと教えてもらえるか?も 運しだい。

 

花屋さんでは 実際に毎日どう店を切り盛りしたらいいのか? 
どうしたら「お客さんに喜んでもらえる花屋」になれるのか?

 
お教室や作品販売、自宅ガレージで小さなお店を…という場合は
そもそも、どうやって仕事を始めたらいいのか?? から
どうやって自分のことを広く知らせたらいいの? 
どうやったら買ってもらえるの??
売れたらそのあと、法的にはどうすればいいの??
  などなど・・・ 誰も、何も! 教えてくれないのが現状
です。

だから、今まで、それぞれのお店・教室・デザイナーさんは
みな苦労して、それぞれの体験・経験を積み重ねて店を作ってきました。

でも、 何も指標がなく、誰も教えてくれないので
お客さんに喜んでもらえて仕事成り立つ、そして楽しい!
という状態までたどり着ける方が非常に少ない・・・

結果、たくさん店や教室や作家さんが出て、たくさんつぶれる。
 
・・・それで、いいんだろうか?
というのが私の疑問です。

お客さんに満足してもらえないままに
つぶれてしまうお店・教室・作家さんが多い
 
っていうことはイコール
花を買う人や習う人が、「買って嬉しくない現実」が多い っていうこと。

それって将来的に、どうでしょうか??

花を買おうと思ってくれる人や
お花を飾ってみたい、と思ってくれる人 そのものが
減っちゃいますよね?
 
それ・・・業界全体としてヤバいんじゃないの??

それに、私は、単純に、身の回りの人が・知り合いが
「花を買ったけど悲しくなった」「花をもらったけどガッカリした」
「お花を習ったのに、何も飾れない(自宅やギフトにできるものは作れない)」

なんていうことが「日常茶飯事」な・・・
それって、ほかのジャンルであったら「異常」だよね・・・ な
今の現状が とても悲しいんです。TnT

あなたも、「店を運営すること」や「教室を運営すること」
「仕事として花を飾ること」
「仕事として花束やアレンジメントを作ること」などを
どうやって学んだらいいのか、
分からずに困っているかもしれませんね。

安心してください。
「お店をやっていく」「人に教える」「買ってもらう」
そのための学びは、お金をかけなくても
心がけ次第で毎日、日常生活の中で、できます。
実際私は、花屋の仕事を学ぶときにほとんどお金は使っていません。

特に、お店を自分で開く場合、
お客さんに買ってもらえて、喜んでもらえるかどうかは直で死活問題です。
買ってもらわなくては存続ができません。
 
開店する「だけ」で終わってしまいたくはないですよね?
「続ける」ためには お店を切り盛りしなくてはならないんです。
 
ただ「花が好き」や、
「フラワーアレンジを勉強した」、「だけ」では、なかなか
お仕事として続けていくことはできません。

わたしは、自分で花屋を開いてた人「ではなく」
経営者は別にいて、
花屋を切り盛りする運営者=店長として雇われで働いていましたが

大きな会社に属して、店長や教育などのマネジメントを担当する場合も
実はやることは開業者とまったく同じです。
売上金が直接打撃になるかならないかくらいの違いです。
(逆に、雇われているほうが店でできる事の自由度が低いために厳しい側面もあります)

開業・雇用どちらの場合でも
お店の切り盛りをすることには変わりありません。
就職している場合でも、開業したい場合でも、
「お客さんに喜んでもらえる店を作るためにやること」は同じです。
だから、就業形態にかかわらず、関係あると思ってください。

また、出産退職後は 自分で仕事を興して 10年経ちました。
上の子を出産するときに始めているので「とても小さく」始めました。
今も、小学生と幼稚園児を育てながら、PTA役員や 少年野球もしながらの仕事なので
毎日フルタイムびっしり! 働いているわけではありませんが

「通信講座」「教室」「教材販売」
「出張講座やワーク」「講演」などを行っています。



やってみて 思っていることは 「花屋」じゃなくても
教えても、販売しても、喋りに行っても、 なにしても 仕事のしかたは「同じ」
だっていうことです。

わたしがやってきた仕事の中で 「花屋さんの運営に必要なこと」は
実は、アメーバブログ『お花屋さんのなり方・働き方』で すでに無料でお話ししています。

2015年で更新はストップしていますが・・・
1000記事以上あるので、ブログを読むだけでも
「花仕事のツボ」がつかめるかも。
ヒントはたくさんあるはずです!

ただ、ブログは公共の場なので
書けない内容もいっっぱいあったんです^^;;

そこで!
この 【喜ばれるお花屋さん・お花のお仕事 きほん講座】です。

「講座」といっても、実際にどこかに集まったり
教科書が送られてきたりするわけではありません。
すぐに、もっと! 手軽に学んでいただけるよう・・・
 
全10回の「メール講座」になっています。
あなたのメールボックスに、メールが届き、無料で読めます。

「じゃあなんで「講座」なんて言うの?」

はい、単にメルマガって言うと、軽く感じるからです。
私が本気でお話しするのに、「あああ」とか「ポチ」とかで入ってこられては
真剣にお話しする気が失せてしまいます。

内容は、「お店を運営」したり「起業して仕事を回す」です。
だから、本気で厳しいことも書きます。
 
「仕事の学び」として お届けするのですから、「あああ」や「ぽち」さんはお断りです。
きちんと自分の名を名乗れる人だけ、読んでください。

受講登録特典!

◆無料音声セミナー 実録・お客さんの生の声!
 「こんな花屋さんには2度と行かない!!ToT」

*MP3形式 約23分・・・Windowsのパソコンを買えばもともとついている
 「Windows Media Player」 などの再生ソフトで聞くことができます。

これは、私のメールボックスに「実際に届いた」お客さんの「生の声」の紹介です。

「花屋でこんな嫌な思いをした、これって普通なの??」
「もう花屋さんに行きたくなくなりましたToT」というメールの内容を紹介し、
『”なぜ”その花屋さんはお客さんに「もう行かない」と言われてしまったのか?』 をお話しています。

*なぜ私のもとにお客さんからのメールが集まるのか? お客さん向けの無料情報提供サイトを持っているからです

「もう花なんて買わない」 「花なんてどうせ・・・」
そう思われてしまったら花屋はもう、先がありません。

ですが、花屋さんはこの「自分で自分の首を絞める行為」を
「そうとは気付かずに」やってしまっている事が多いんです><

あなたが今花屋の店頭に立っているなら、
もしかしたらあなたもやっている事かも・・???
すぐに直せることですので、明日からすぐ実行してくださいね!


 

そして、「自分は花屋さんじゃないから」と思ったアナタ!
さっきも言った通り「花屋」というカタチじゃなくても
「自宅でお店を出す」「自宅で先生する」「委託販売する」などのときでも
【まったく同じこと】
ですよ〜!
 
「自分には関係ない」は禁句です!
すべて、「自分の仕事にもそのまま当てはまる」と思ってくださいね。

◆「喜んで買ってもらえるの花屋さんのしくみ」のすべてを記した
 有料講座『お花屋さんの教科書』テキストの冒頭一章分

*PDFファイル 25ページ
 PDFファイル・・・インターネット上で書類をやりとりできるファイルです。
 Adobe Readerという無料ソフト(大抵はもともとパソコンに入っています)があれば読むことができます。

「喜ばれる花屋さんの仕組みづくり」で最も重要な基本思考、
「花屋さんって、一体”何”なのか?」を分かりやすくお話しした「はじめに」の章を プレゼントします。

◆「喜んで買ってもらえる花屋さん・教室・作家さん」を作っていくうえで最も重要な
 「考え方」のメール基礎講座 全10回

「お客さんもスタッフも嬉しい、街の喜ばれる花屋さん」
「喜んでもらえるお教室」
」 「喜ばれて売れる作家さん」になるために
 
あなたが「何をしていったらいいのか」・・・

「何を学ぶ必要があるのか」
「どのように学んでいけばいいのか」 を あなたに お伝えします!

が! ごめんなさい! だいぶ前に書いたメール講座なので
2016年11月29日をもって、リニューアルに入りました。
 
現在は、10回メルマガは配信されません。
 
リニューアル完了は 2017年春ごろの予定です。
おそれいりますが、再開まで お待ちくださいませ。
  
「10回メール講座」は配信されませんが
プレゼントの音声セミナー と テキストPDFファイルは 届きます! ので
よろしかったら ご登録して
プレゼントだけでも 受け取っておいてください!
この音声とテキストだけでも、きっと いっぱい気づきがあるはずです^^

登録しておけば、メール講座の再開とともに配信が始まります。

なぜ、無料でそんなに話すのか?

それは単純に、
花を買って「絶望」した。 花屋に行って「ガッカリ」した。
お教室に行ったのに、飾れるようになれなくて、行った意味がなかった。


そんな人をできるだけ減らしたいからです。
できるだけ「花屋に行ったらハッピーv」に
「教室に行ったら花が飾れるようになってルンルン♪」に、なってほしい。

だって、でないと 「花を求める人」 がどんどん減ってしまうんです。
「花を楽しみたい」、「花を買って幸せになりたい、してあげたい」
って思う人がどんどん減っちゃいます。
 
そうしたら?
花屋さんも お教室も 作家さんも! どんどんつぶれちゃいますよね?

そんな、いまの悪循環では、誰も幸せにならないんです。

お客さんが買いやすいお店・買って嬉しい!花屋さん
行ってよかった!お教室なら、 自然に繁盛しますよね。
「だから」、まず「お客が嬉しいお店・教室・作品」を作ることが
何より大事だと、私は考えます。

そうしたら、花を育てた農家さんも、花屋も、お客さんも
”みんなが嬉しい”ですよね?

あなたは何のために花の仕事をしますか?
お客さんに喜んでもらえないお店をしたいですか?

だから、話します。

「なんだ、そうだったんだ!」という事が分かれば
あなたはもう、「あとはやるだけ」になります。

わたしは、「わたしにできること」をします。
あなたは、「あなたにできることを」、してください。

自分もめいっぱい楽しみつつ、「お客さんが喜ぶ花仕事」をしてほしい!

それが わたしの願いです。

講座に登録してプレゼントを受け取るには、
こちらのフォームに、あなたのお名前と
普段お使いのメールアドレスを入力し、
「登録する」ボタンを押してください。

すぐに折り返し、入力頂いたメールアドレスに、登録特典のダウンロードURLをお知らせいたします。
最短1分で(〜長くて数分もあれば)プレゼントを受け取れます。 
10回メール講座は、再開時にご連絡のうえ、順番にお届けします。
そのときにメール講座が不要であれば、ご案内メールから簡単に解除もできます^^

↓こちらからお申し込みください。

◆【喜ばれるお花屋さん・お花のお仕事 きほん講座】に登録します!◆

登録ボタンを押す前に、「そのメールアドレスにメールが届くよう」に設定をお願いします。
特に携帯・スマートフォンをご利用の場合は、デフォルト設定ではメールが届きません!ので
必ず、「blumeleben.com」からのメールを「なりすましも受け取る」設定をしてから
登録フォームを送ってください!

 しばらくの間は迷惑フォルダにメールが入ることが多いので、必ず迷惑フォルダもご確認ください。
 それでもメールが届かない場合は、別のメールアドレスでお試しください。
 フリーアドレスは届きにくいため、プロバイダのアドレスなどフリー以外のアドレスをお勧めします。

あなたのお名前(必須)
メールアドレス(必須)

*普段お使いのメールアドレスをご入力下さい。

*明らかにやる気・誠意のない「あああ」などでの申込みは強制退会させていただきます。

*このメール講座は、あなたに有用な情報を提供するため、「特定電子メール」に相当する場合があります。

*登録特典プレゼントのダウンロードURLは、メールで自動折り返し送信されます。
 折り返しのプレゼントメールが届かない場合は、
 迷惑フォルダやスパムフォルダに入っていることがありますのでご確認ください。
 特にフリーメールアドレスは届きにくいです。
 できるだけ普段お使いの有効なメールアドレスをご利用ください。
 不達のお問い合わせには対応いたしかねます。どうしても届かない場合は別のアドレスをお試しください。

*ファイルのプレゼントなどがありますので、パソコン又はスマートフォンのアドレスを登録ください。

*なお、ご入力いただいた個人情報は、
 あなたに「プレゼント」「メール講座」といった わたしからの連絡を行う以外の用途には
 一切使用いたしませんのでご安心ください。第3者にメールアドレスが渡るようなことはございません。

*いつでも自由に退会できますが、再度メールマガジンを読みたくなった場合は、
 最初の10回講座から受け直していただくことになります。

                         本多るみ

特定商取引法に関する表示 | 花屋さんのお仕事講座『お花屋さんの教科書』

(c)『お花屋さんの教科書』 おうち花マイスター*本多るみ